HOME>アーカイブ>【あなたは何タイプ?】腰痛の原因にあった治療を受けよう!

【あなたは何タイプ?】腰痛の原因にあった治療を受けよう!

ウーマン

身体の不調を見過ごさないで!

腰が痛い、首にしびれを感じるなどの症状がある時、何気なく放置をしてしまいがちです。ですが、実は腰痛を放置してしまうと歩行困難や排尿・排便ができなくなる恐れもあり、深刻な病気である可能性が高いのです。身体の異変に気づいた時は、速やかに病院に受診することをおすすめします。

腰痛の原因リスト

  • 骨と関節を支える筋肉からくる痛み
  • 脊椎を通る神経からくる痛み
  • ストレス性の腰痛
  • 内臓の病気からくる痛み
  • 原因不明の痛み

原因不明の腰痛が8割もいる

多くの人が、身体のさまざま部位の不調が原因で腰痛になってしまいます。また、腰痛に悩む人の中で約8割強の人は原因が分からない腰の痛みに苦しんでいます。腰痛がある場合には放置をせずに、病院や整体、鍼灸院などを受診するようにしましょう。

身体のしびれが兆候の病気の種類

タブレット

後縦靱帯骨化症

後縦靭帯骨化症は首の神経が圧迫される事によって起きる神経障害の1つです。この病気にかかると、首筋や肩甲骨周りにしびれた感覚が常にあります。症状が進むとしびれの範囲が広がって行きます。やがて、しびれは痛みに変わっていきます。重症化すると歩くことが出来ない病気です。

頸部脊柱管狭窄症

頸部脊柱管狭窄症は手足がしびれていきます。少しずつ指や足が動かしにくくなるので、物をよく落としたり、歩きにくさを感じるようになります。首の脊髄の神経には、排便や排尿の司令塔をしている神経が通っているため、症状が悪化すると排便や排尿を自力で行うことが難しくなります。

顔面麻痺

ベル麻痺とも呼ばれる病気です。顔の片側だけに発症する病気で、多くの方が左側の顔に発症します。原因は過度のストレスやウイルス性によるもの、原因不明なものが多いです。加齢していくにつれ、治りづらい病気のため入院が必要になります。

広告募集中