身体のSOS

名古屋にある病院では多くの人がさまざまな身体の不調を抱え、来院されています。身体の不調は、身体のSOSですので、しっかり自分の身体と向き合ってみましょう。

手が震える病気の比較

パーキンソン病

難病と言われる病気です。中脳の神経細胞に異変が起きることで発症する病気です。パーキンソン病の震えは身体の左右に違いがあります。また、リラックスしている時に手が震えます。

本態性振戦

本態性振戦は手が震えるほかに、首の震えや声の震えなどもあります。震え方も左右対称です。原因が解明されていない病気で、体質的なものでもあると考えられています。

迷わず病院へ

病気の症状は似ていることもありますが、病気の原因には大きな違いがあることもあります。比較的、簡単に治療出来るものもあれば、手術が必要な重い病気などさまざまあります。身体の不調を無視せずに、速やかに病院にいくことをオススメします。

自分の体と向き合おう

ウーマン

腰痛を見過ごさない

デスクワークや姿勢が悪い方は腰痛に悩まされることがあると思います。ただ、疲れているだけだからと放置をしてしまわないようにしましょう。腰痛には、神経からくる痛みや内蔵の障害からくる痛みといろいろあります。腰痛の原因を突き止めて治療し、腰痛の悩みから開放されましょう。

詳細を確認する

運動を毎日の習慣にすることで糖尿病を予防出来る

HEALTH CARE

死因第一位のガン

ガンは日本人の死因第1位になってしまうほどの恐ろしい病気です。中でも、大腸ガンは年々増え続けています。大腸ガンは早期ガンのうちに発見することができれば、生存確率はほぼ100パーセントに近いです。早期発見をするためには検診にいく方は多いと思います。大腸内視鏡検査を行うと、検便検査では発見出来なかった小さなガン細胞でも発見しやすく、早期発見に努めることが出来ます。

ドクターとナース

早期発見に役立つ大腸内視鏡検査

大腸ガンは大体、40代になると急増します。しかし、最近では20代の方が大腸内視鏡検査を受けて進行ガンを早期発見出来たという例もあります。もし、検便検査を受けていたら、まさか20代で進行がんがあるとは思わないことが多いので、痔などと誤診をされていた可能性もあるでしょう。ですので、大腸内視鏡検査は将来、年齢に関係なく行われる検査になると考えられます。

糖尿病の治療法

病院

低カロリーな食事に切り替える

まず、糖尿病に一番大事なことは食事制限です。カロリーを抑えた食事に切り替えて、肥満を改善していきましょう。肥満を改善していく事でインスリンの効果をより感じることが出来ます。

運動を習慣にする

また、運動をすることも糖尿病に効果があります。特に有酸素運動は、ウォーキングや水泳などを毎日20分以上続けることが望ましいです。また筋トレなどの無酸素運動も取り入れるようにしてください。

インスリン治療

インスリン療法も糖尿病の治療に欠かせません。インスリンには、効き目が早く持続時間が短い超速効型や効き始めるまでが遅く、かなり長い間持続するタイプのものなど、たくさんの種類があります。年齢や生活スタイルに合わせたインスリンを選ぶようにしましょう。

[PR]
検便検査の専門会社!
自宅で手軽に健康を調べよう

広告募集中